2010年03月18日

税理士が3500万円脱税 東京国税局が告発(産経新聞)

 所得税約3500万円を脱税したとして、永井淳一郎税理士(79)=東京都武蔵野市=が東京国税局から所得税法違反(脱税)の罪で東京地検に告発されていたことが15日、分かった。永井税理士はすでに修正申告に応じているという。

 関係者によると、永井税理士は投資信託などで得た利益を全く申告せず、平成19年までの2年間で約2億4千万円の所得を隠した疑いがもたれている。

 永井税理士は国税局勤務を経て、昭和43年、東京・神田で税理士事務所を開業している。

【関連記事】
進学塾「名進研」社長が所得9千万円隠し、脱税容疑で起訴へ
「アフェリエイト」指南の若手企業家告発 6千万円脱税容疑
【メディアと社会】対立あおる報道の危険 渡辺武達
浜松の自動車関連ソフト会社社長、所得隠し1億3千万円で告発
アダルト女優ら所属の芸能プロ社長を脱税で逮捕
「韓流」配給会社を脱税で起訴 東京地検
20年後、日本はありますか?

<暴行>警視庁の警部補、男性突き飛ばし容疑で逮捕 埼玉(毎日新聞)
京都大「iPod」などに講義配信へ(読売新聞)
<平野官房長官>内閣支持率続落を分析(毎日新聞)
<防犯ボランティア>団体数、参加者ともに過去最多 09年(毎日新聞)
JAYWALK中村容疑者の尿から覚醒剤反応、使用容疑でも立件へ(産経新聞)
posted by BNK at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

<孤独死>「ゼロ」目指し研究会 千葉・常盤平団地(毎日新聞)

 千葉県松戸市の常盤平団地(約5300戸)の自治会が8日、NPO法人「孤独死ゼロ研究会」を設立した。日本の大規模団地の草分けとして1960年に入居が始まってから半世紀。高齢化が進み、誰にも知られずに自宅で亡くなる住民が増えたため、自治会は近年、独自の孤独死予防活動に取り組んできた。同じ問題を抱えつつある全国の「ニュータウン」に経験を伝える方針だ。

 団地内の一室で01年、死後3年の白骨化した遺体が見つかり、危機感を持った自治会は「あんしん登録カード」制度を開始。入居者が世帯構成、緊急時の親族・知人の連絡先、かかりつけの医師などを記入して自治会に預ける仕組みで、これまでに約600人が登録。自治会は、1人暮らしの高齢者の安否確認や、交流場所に誘い出す活動も続けてきた。

 NPO法人は、いざという時に葬儀、納骨まで担うサポート事業を展開、他の団地に常盤平の取り組みを伝える講師派遣事業も始める。中沢卓実会長(76)は「全国各地で同じ課題があることを知った。経験を発信していきたい」と話している。【西浦久雄】

<不法残留外国人>21年ぶり10万人割れ 水際対策が奏功(毎日新聞)
<船形山遭難>「判断に甘さあった」救助された男性(毎日新聞)
日本イーライリリー、売上高1千億円突破(医療介護CBニュース)
<自宅放火>心神喪失認めず有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
あかつき、5月18日打ち上げ=金星探査機、H2Aで−宇宙機構(時事通信)
posted by BNK at 01:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。