2010年03月25日

離婚後の子供の扱いめぐって日米摩擦 米議員「国際的な子供拉致」(産経新聞)

 【ワシントン=古森義久】米下院外交委員会の17日の公聴会で、共和党のクリス・スミス議員が日米間の国際結婚で子供が生まれてから離婚となり、主に日本人の母親がその子供を米側裁判所の裁定を無視して日本に連れ帰ったというケースを「国際的な子供拉致」として非難した。同議員は現在、日米間でそうした例が100件以上もあるとしており、日米間の新たな摩擦の原因となる気配も生まれてきた。

 同外交委員会の小委員会が開催した日米関係についての同公聴会で、共和党側の有力メンバーのスミス議員は、(1)米国人男性のパトリック・ブレイデン氏は日本女性と結婚して娘が生まれた後に離婚し、ロサンゼルス上級裁判所で米国に留まる娘に定期的に会えるという裁定を受けたが、2006年に元妻が娘を連れて日本に渡ったきり、会えなくなった(2)ポール・トーランド海軍少佐は横浜勤務中に日本女性と結婚して、娘ができたが、別居となり、妻が自殺した後、娘は妻の両親に引き取られ、そのままとなった−などという実例を列挙。その上で「日本側は米国の裁判の決定を無視しているため、子供の誘拐に等しい」と非難した。

 スミス議員は日本政府に対し、この種のケースの個別解決や、子供の拉致に関する国際条約への加盟を訴えた。

【関連記事】
今国会中のハーグ条約批准は否定 岡田外相
鳩山首相、子供連れ去り解決のハーグ条約「早く道筋を…」
外国人夫のDVに悩む日本人妻が増加 永住許可抹消に壁
国際親権問題で懸念表明 米国務次官補
映画「ダーリンは外国人」 漫画が原作 異文化ギャップ描く
20年後、日本はありますか?

ひき逃げ女米兵「話もできないほど泥酔」(読売新聞)
高脂血症・高血圧・うつ病3剤で1千億円へ―塩野義(医療介護CBニュース)
<センバツ>初舞台、笑顔絶やさず 21世紀枠・山形中央(毎日新聞)
自転車違反警告水増し、埼玉県警巡査2人処分(読売新聞)
農水副大臣、カタール入りへ=クロマグロ禁輸案否決に全力(時事通信)
posted by BNK at 01:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災−札幌市(時事通信)

 札幌市北区で7人が死亡したグループホーム「みらいとんでん」火災で、同市中央区の運営会社「みらい25」(谷口道徳代表取締役)が2005年、民家を改築して同ホームを開業した際、建築基準法に基づく建物の用途変更手続きをしていなかったことが16日、分かった。市は同日、同ホームの立ち入り調査を実施した。
 市によると、同ホームは1988年に建てられた民家を、みらい25が05年に買い取って改築、同年12月にグループホームとして開業した。
 グループホームは建築基準法上、「寄宿舎」に当たり、「住宅」を改築して用途変更した場合、確認申請を出す必要がある。しかし、みらい25は札幌市に申請せず、手続きを怠ったという。 

【関連ニュース】
民家火災で2人死亡=48歳男性と84歳祖母か
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か
住宅火災で男児2人死傷=1歳と3歳、煙に巻かれる
寺放火の疑い、僧侶逮捕=火災保険3億円
2遺体、胸に銃創か=1階に拳銃様の物も-4人死亡の民家火災・群馬

青森市発注工事で官製談合=前副市長が関与、改善要求へ−業者に課徴金3億・公取委(時事通信)
アパート前で男女が言い争い=女性会社員の失跡直前−海岸の遺体事件・福岡県警(時事通信)
<猫虐待>容疑で家宅捜索…引き取り後、6匹死ぬ 愛知県警(毎日新聞)
稲川会代表代行者に清田理事長=官報に公示−東京都公安委(時事通信)
授業うまいのは?学校と塾の先生が「T―1」(読売新聞)
posted by BNK at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

首相、危うい「県外固執」 腹案は「徳之島」 米側、難色示す可能性(産経新聞)

 米軍普天間飛行場の移設先について「ゼロベース」とだけ語り、自らの意向を示さなかった鳩山由紀夫首相の腹案「徳之島案」が明らかになった。月内の政府方針とりまとめに向け、自らが語った「県外移設」が必要不可欠と判断したようだ。ただ、現行案を唯一実現可能とする米国は軟化の兆しをみせておらず、「県外固執」は、解決を長期化させる危険性もある。(尾崎良樹)

                   ◇

 ◆「余裕がある」

 「政権交代直後は鳩山首相を満足させる有力な移設案はなく、官邸側は頭を抱えていた。だが、最近の首相には余裕がある」

 首相側近の一人は、鹿児島県・徳之島が対米交渉の際の有力案になるとした上で、首相の心境をこう解説する。首相が昨年夏の衆院選で沖縄県外への移設を期待させる発言をした経緯があり、昨年末までの問題決着を先送りさせてまでこだわった有力な「県外移設案」をようやく見つけることができたためだという。

 政府内では米軍キャンプ・シュワブ(沖縄県名護市)陸上案以外にも、米軍ホワイトビーチと津堅(つけん)島の間を埋め立てる案などがある。だが、いずれも「県内」となるため首相発言と合わず、民主党内には「政府案として県外案を示せなければ、沖縄県民からそっぽを向かれる」(中堅)との危機感が強かった。

 「徳之島案」は首相の発言と合致する上、県外移設を望む社民党の理解が得られやすい点がメリットだ。官邸側はシュワブ陸上案などを含めた複数案を与党党首級で構成する基本政策閣僚委員会に提示し、最終判断は連立与党の調整に委ねるとともに、対米交渉に乗り出す構えだ。

 首相周辺は、徳之島移転案で自衛隊と米軍の共同使用も探っている。徳之島が過去に自衛隊誘致を試みた経緯があるためだ。

 鹿児島県の伊藤祐一郎知事は、民主党の小沢一郎幹事長の自治相時代の大臣秘書官を務めたこともあり、地元との本格交渉に入りやすいとの判断もありそうだ。経済振興策をセットにすることで地元の理解を得ていく方針だ。

 ◆判断分かれる政府

 だが、地元の理解が進んだとしても、米政府はシュワブ沿岸部に移設する現行案が「最善」との姿勢を崩しておらず、対米交渉の先行きは見通せない。徳之島は沖縄本島から北へ約200キロと距離的には比較的近いものの、「県外」移設となることに米側が難色を示してくる可能性があるためだ。

 政府は移設問題をめぐって近く平野博文官房長官、岡田克也外相、北沢俊美防衛相らが会談し、今後の対応を協議する。だが、移設先をめぐる政府内の判断は分かれており、首相がこだわる県外移設を実現できるかは、首相自身の指導力にかかっている。

「円天」詐欺事件 元会長に懲役18年判決…東京地裁(毎日新聞)
50歳女性、自宅で刺され死亡…夫と連絡取れず(読売新聞)
<NHK>福地会長、辞意を撤回(毎日新聞)
死亡した男児、愛情遮断症候群か 低身長の要因に 奈良の餓死事件(産経新聞)
鳩山内閣 支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査(毎日新聞)
posted by BNK at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。